無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

テ テ の 見 せ 場
あなた

グク!!

テテ!テテ真ん中!
真ん中にいるよ!

ジョングク
は!?どこ!?
あなた

あ、今前行った!もうすぐ走るよ!
しっかり撮れよパパ!!

今日は待ちに待った

運動会当日!!!



ただでさえ弁当作りに時間がかかる私は
朝4時に起き出し、
3時間かけてなんとかお弁当を作り上げた

まぁそれは置いといて⋯





只今、年少組のかけっこが行われてます





つまり、
テテとジミナの見せ場!!なんです



ちなみに2人は赤組です
あなた

あああテテ次だ⋯がんばれ⋯

隣でカメラを構える無駄にかっこいい横顔を
チラ見して、私は応援体制に入る









テテは緊張していないようで、
ずっときょろきょろしている





そして私とグクを見つけたテテ








四角いお口でニッコリ笑ってピース!!









か、可愛すぎる⋯
走る前の愛嬌も抜かりない⋯



可愛さに心臓を射抜かれた私とグクは

思わず胸を抑える(親バカ)








あ、悶えてるうちにとうとうテテの番!




位置について⋯





よーい




ドンッ!





走ったぁ!!テテはやい!てか可愛い!!
あなた

テテー!!頑張ってー!!

ジョングク
頑張れー!!!!
え、1番の子抜いた!!!

すごいじゃんテテ!!







1番乗りでゴール!!!
あなた

やった!!

ジョングク
よっしゃ!!!
グクと応援席で飛び上がって喜ぶ







すると、先生の言葉をガン無視して
並ばずに笑顔でこちらに駆けてくるテテ
テテ
ままぁ、ぱぱぁ!
てていちばんだったよ!!
あなた

うんうん、凄かった!
かっこよかったよテテ!

ジョングク
凄かった!!頑張ったな!
ほら、今度は列に戻って
ジミナ応援してあげな??
テテ
うん!!
元気良く列に戻っていくテテ






先生に怒られている姿を見て

ちょっと可哀想になった笑