無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

ま だ ま だ 一 緒 に
決めてから心が軽くなったわけじゃない



でも、2人がいる間は

楽しく、幸せでいるって決めたんだ
あなた

ほら!幼稚園遅刻するから!

ジミナ
んむぅ⋯ぬなぁ、ねむい⋯
あなた

ほら!ジミナ起きて!グクも!!

いつも通りの慌ただしすぎる

愛おしい朝が来た
ジョングク
ヌナ⋯眠い⋯
あなた

グクまで同じこと言わないでよ!

子供じゃあるまいし!

ジョングク
俺まだ子供だし⋯
あなた

屁理屈言わない!

テテ
ぱぱこどもだねぇ!!
ててはもうおきてるもんね!
テテはグクの上に飛び乗る




グクはジミナを抱きしめて寝ており


そこに飛び乗ったテテ




なんか、可愛い絵だな


アッパに子供が群がってるみたい笑




スマホのカメラを開いて写真を撮る




最近はよく写真も撮るようになった




思い出を見える形でとっておきたいから



大好きな思い出を





よし、今日からこれ待受にしよ!





スマホの画面を閉じ、時計を見る
あなた

あー!!!もう時間ないじゃん!

もうグク!朝ごはん抜き!!!

ジョングク
なっ!ヌナそれは無理だって⋯
あなた

なら自分で作って!
さ、テテ、ジミナ行くよ!
先いくからね!グク!

寝巻きだったジミナに服を着せながら言う
ジョングク
ヌナ、今日はのんびり行こうよ
え、私一応受験生だから遅刻とか
できないんだけど




でも、グクのうるうるお目目に負けて





結局みんな仲良く
朝食をとることになりました


テテ
ぬなぁ!ててぱぱよりおとなだよ!
あさちゃんとおきるもん!
あなた

うんうん、大人だね、えらいね

えっとねでもテテは
もうちょっと遅く起きてもいいよ?
朝5時は早すぎだからね?

テテの早起きはとまりません




そしてジミナとグクのねぼすけも







まぁなんだかんだいって




朝早いけど、
「ぬなっ!おきてぇ!」って
私に抱きついて起こしてくるテテは
すごく可愛いし




ぜんぜん起きなくて手こずるけど
毎朝ねぼすけ同士で
抱き合ってスヤスヤ寝てるグクとジミナも
すごく可愛いから






結局は許しちゃうんだよね







朝から癒しと疲れを頂いてます、ほんとね






もくもくとご飯を食べる3人を見ながら



なんだか似てきたかも、なんて




ちょっと笑ってしまった