無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

気 づ い た 想 い
コンコンッ
ジョングク
あなたぬな?入るよ
グクの声がする


優しい声




部屋にグクが入ってきた


グクは布団から出てこない私に
優しく話しかける
ジョングク
テテとジミナが心配してたよ
ジョングク
何があったか、俺に教えて?ぬな
しぶしぶ布団から出て、グクの隣に腰掛ける
あなた

ジョングク
ぬな、もしかして俺について、
流れてる噂とか聞いた?
こくり、と頷く
ジョングク
⋯なんだ、それでか!
ぬなに嫌われちゃったかと思ったよㅋ
あなた

⋯だってグクが悪く言われるのは
嫌だったから

私がそう言うと、

後ろから私を抱きしめるグク

ジョングク
⋯あなたぬな、かわいい
え、?

頬が紅潮していくのがわかる
ジョングク
でもね、ぬな
俺はやめないから
ヌナに何言われても、俺はやめない
あいつらのパパでいる以上、
仮にでもぬなの旦那さんでいる以上、
俺は絶対離れたりしない
いや、離れられない
離れたくない、



と、そうグクは続けた





そっか

グクも同じ気持ちでいてくれたんだ
あなた

⋯私も、
ほんとはぐくに離れて欲しくなかった
これからだって⋯ずっと4人で、笑ってたいよ

ジョングク
俺も
だからさ、これまで通り
ずっと家族でいよう、ぬな
あなた

っうん

テテ、ジミナ


ママね、やっと気づいたよ


私もテテやジミナと同じで


ぐくのことが大好きだって