無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

【番外編】おんまの定義 -HS-
みなさんこんにちは!


元気が取り柄、好きな言葉は希望!


みんな大好きホソク先生です!


年少さんの担当だよ☆


今日は僕の日常を
紹介しようと思いまs
園児 スヨン
うえええええん
ホソク先生
スヨンちゃん!転んじゃったの?
おーよしよし、痛いの痛いの飛んで行けー!
園児 ジフン
せんせー!!!遊ぼー!
ホソク先生
うん、ジフンくんちょっと待ってね!
園児 アヨン
せんせーい!
園児 ユン
せんせー!!
ホソク先生
あーはいはい!
とまぁこんな感じで、僕は人気者(?)です







3時間後、

やっとこさお昼ご飯タイム
テテ
せんせー!!いっしょにたべようよ!
ジミナ
せんせーのおとなりいってもいーい?
ホソク先生
ん、みんなで食べようね!
ふと見ると、隅っこの方で1人でお弁当を開けているジミンくんとテヒョンくん


この間幼稚園に転入してきたばかりの2人



テヒョンくんはあの性格からかすぐに
お友達ができていたけど



恥ずかしがり屋なジミンくんは、
まだテヒョンくんといるところしか
見たことがない




ご飯を食べ終わると、決まって幼稚園の窓に
はりついて外を見てるジミンくん
ホソク先生
ジミンくん、何見てるの?
ジミンくんの隣にしゃがんで話しかける
ジミナ
⋯まま
ホソク先生
ん?
ジミナ
まま、まってるの
オンマ?


でもいつも迎えに来るのは
たぶん、お姉さんなのかな?高校生の女の子

何度かお兄さんもきたことあったな


なるほど

今日はお姉さんじゃなくて
オンマが来てくれるんだ
ホソク先生
今日はオンマがお迎えなんだね!
ジミナ
⋯?そうだよ
うんうん、やっぱオンマって偉大だな〜





園児 ジフン
じみんくんっ!遊ぼ!
いつの間にか友達ができてたようで



窓に張り付くのをやめ、
とてとてと友達の方へ行くジミンくん
ホソク先生
くーっ、やっぱ可愛いな子供って
しみじみとそう思った









そしてお迎えの時間。
あなた

テテ、ジミナ〜
お迎え来たよ〜!

あれ?



迎えに来たのはいつも通り


高校生のお姉さん



嬉しそうにお姉さんに飛びつくテヒョンくんと
ジミンくん
ホソク先生
ジミンくん、今日はオンマが
来てくれるんじゃなかったの?
ジミナ
きてるよ?
ホソク先生
⋯え?
高校生の女の子を見ると
あなた

⋯あ、どうも⋯
ジミナとテテの⋯オンマ?です⋯

ホソク先生
ええええ!!!?