無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

223
2020/12/13

第2話

遊園地デート開始!
(なまえ)
あなた
さ、どれ最初に乗る?
月島蛍
月島蛍
どれでもいいよ。
(なまえ)
あなた
じゃあ最初はメリーゴーランド乗ろ!
月島蛍
月島蛍
はいはい。
〜乗り終わりました〜
(なまえ)
あなた
周り子供ばっかだったね〜。
大人?私達だけだったよ。
月島蛍
月島蛍
そりゃ、メリーゴーランドだもん。

子供が多いよ。
(なまえ)
あなた
次どこ行く?
月島蛍
月島蛍
今日、乗るものほとんどはあなたに任せるよ。

どれでも楽しめるだろうし。
(なまえ)
あなた
ほんと!?
じゃあジェットコースター!
あのめっちゃグルグル回ってるやつ!
月島蛍
月島蛍
うっ、、、、、、
(なまえ)
あなた
あ、、、もしかしてジェットコースター苦手な感じ?
月島蛍
月島蛍
いや、いいよ。

任せるって言ったのは僕だし。
(なまえ)
あなた
じゃあ乗ろう!!
〜ジェットコースターの頂上〜
(なまえ)
あなた
うわぁ!高い!
見てみてつっきー!!
月島蛍
月島蛍
・・・・。
(なまえ)
あなた
きゃぁぁぁぁぁ!!
月島蛍
月島蛍
・・・・・。
ジェットコースターは回りながら落ちていった。
(なまえ)
あなた
・・・・?

つっきー大丈夫?
月島蛍
月島蛍
大丈b,、、、、、

き、気持ち悪い、、、、
(なまえ)
あなた
え〜!?

ベンチ!ベンチ!