無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

215
2020/12/14

第3話

ごめんね、、、、つっきー
(なまえ)
あなた
ごめんね。つっきー。
月島蛍
月島蛍
だ、大丈夫。
(なまえ)
あなた
じゃあさっきは私が乗るもの決めちゃったから次はつっきー決めてよ!
月島蛍
月島蛍
あなたが嫌なものってなに?
(なまえ)
あなた
コーヒーカップとか?
月島蛍
月島蛍
じゃあそれいこう。
(なまえ)
あなた
なんでそうなるのよw
まぁ、いいよ。つっきーも私のせいで気持ち悪くなっちゃったんだから、責任取るよ。

ま、苦手なものを克服するのにも丁度いいか!
月島蛍
月島蛍
その発想がすごい…
(なまえ)
あなた
ん?なんか言った?w
月島蛍
月島蛍
いや、なんでも。
(なまえ)
あなた
じゃあ早くコーヒーカップ行こ!
月島蛍
月島蛍
(元気だな)