無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

よん






























あれから長尾と一緒に帰って今長尾の家なう(ノリ軽すぎん?by長尾





































ていうか長尾との関係は言ってなかったけどただの友達みたいなもんで






































駿と付き合い始めてから、よく駿との関わりが多かった長尾くんとたまたま友達になれたって
感じやな
































《とりあえずお風呂はいってきてやー》
「え?着替えは?」
《まぁ俺が適当に用意しとく》
「それはありがたいな 笑ほな行ってくるわ」
《いってら〜》














































運良く?運悪く?は知らんけど今日は長尾の両親はどっちとも夜勤らしい














































「ふぅ〜スッキリした、ありがとうな長尾」
「…長尾?」
《、っあ!ごめんぼーっとしとったわ 笑》
「急に私みて固まるからなんか変なんかなって思ったやん 笑」
《安心してや思ってへんから》

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みるくくれーぷ
みるくくれーぷ
君の視界に入りたかった 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る