無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

はち
楽屋にて



































ガチャ






























西「みっちーおは、…ってあなた?!」











































「だいごっちぃぃぃぃ!!」
































長「みっちーみっちーみっちーみっちー!…なんでもない」



























































『ほんと朝からうるさすぎるんやけど』























































藤「それにしても久々やなぁあなた」



















高「前よりもっとカッコよくなったやろ?俺」



















「…」
























流「いや、普通にあなたちゃん困ってんで 笑」




















大「あなた〜!!一緒プリン食べる??」















「えー、はっすんが食べるプリン甘すぎて太りそうだからやだ」



















大「んー、ならロールケーキは?」

















藤「物で釣るな物で」

















「みんな相変わらず変わってへんな 笑」






































長「みっちー?顔が怒ってんで」
























西「おお?嫉妬ですか??」































『別に嫉妬してへんし、…行こあなた』

























































駿は私の手を掴んでずんずんと進んでいく

































後ろからヒューヒューとか言う声も聞こえたけど今はそんなの考えられへん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みるくくれーぷ
みるくくれーぷ
君の視界に入りたかった 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る