無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

いち












ジリリリリリリリリ!!

























































ガチャ!!(雑)





「ったく…毎回目覚まし時計うるさいねん、」






あなた母『あなた〜?ご飯できたから下きてや〜』



「はいはい、」


















































あなた母『あっ、!そういえば昨日道枝くんからメール入ってたわよ?』




「え、?メール…??」





あなた母『まぁご飯食べて余裕ある時に見たらええんやない?』




「んー、まぁとりまテンキュ」




















































なんや道枝か(おい?by道枝



































なんか用事でもあったっけ?









































思い当たる用事を考えながら渋々二階に上がって携帯を見てみるとお母さんが言っていた通り携帯には1件の通知がはいっていた




























道枝
道枝
あなた起きとる?今日の課題分からんから教えてや






























…完全にやってしもた。






































もう朝なってもうたし()















































やっすいジュースでも奢っとけば許してもらえるっしょ
あなた
あなた
あぁ、ごめん普通に寝てたわ






















適当に返信を打つと秒で既読がつく
道枝
道枝
早く寝た割には起きるの遅いんやな
道枝
道枝
おはよ











































一言多いんや一言…(怒)
あなた
あなた
駿も全く寝てへんやん
道枝
道枝
俺は11時に寝たで??
あなた
あなた
何時起き
道枝
道枝
6時
あなた
あなた
くっ、、、、負けた!
道枝
道枝
どんまい
あなた
あなた
それ腹立つ
道枝
道枝
なんでなん
あなた
あなた
なんでもない
道枝
道枝
理由になってへんでそれw
道枝
道枝
てかもう俺出るけどあなた大丈夫なん?
あなた
あなた
あ、やらかした
道枝
道枝
まぁ仕方なく愛しの駿くんが家の前で待っときますわ
あなた
あなた
よろしくま
道枝
道枝
やっぱやめとこ
あなた
あなた
なぁーんでなん!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みるくくれーぷ
みるくくれーぷ
君の視界に入りたかった 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る