無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

きゅう






























「ちょ、どこまで行くん…」


























気づいたらあまり人が通る気配のない廊下にいた





































ドンッ!

























『なぁ』















「へ?」
























『なんで大吾くんに抱きついたりしとん』






























「え、えっと、…久しぶりに会えたから?」



















『これって嫉妬っていうんかなわからへん』














「ふふっ」





























『何笑ってんねん、』







































「嬉しいなぁ〜ってやっぱかわいいい!!」







































『ちょちょセット崩れるやん!!』






















「えっ、そこ?笑」






























『あなたに会うからキメてきてん』












































「そんなにキメなくてもかっこいいよ」
















































『こんな時に限ってデレ出してくんのやめてくれへん?色々と持たんのやけど』





















































「なっ!たまにはええやんか!!ほら帰ろ!」






































『また大吾くんに抱きつかんといてな?』








































「それは分からへんよ?」




































『もーいややあぁ泣』







































「ごめんごめん嘘やから 笑」



































『もう嫌いやもん』








































「私は大好きだけど?」
























































『そういうとこが反則やねん!!』




















































「あ、でも駿私のこと嫌いだったか」
































『なーあ、ごめんやん!』



































…………

























藤「うわ、なんかリア充帰ってきたで」































高「うわ、鬱陶しいやつやん」






















































和「プリン食べて爆発したらええのに」

















































西「それは意味わからへん 笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みるくくれーぷ
みるくくれーぷ
君の視界に入りたかった 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る