無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第11話

じゅう
作者
作者
九話までは空白ありありだったんですけど、少し見にくいと思いましたので

十話から空白はあまりつけないようにします!!

like50越え本当にありがとうございます〜🥺
……














藤「お前らいつまでひっついとんねん」


高「めっちゃ視界に入るんやけど?」


「黙ってきょうへー」


高「え?俺だけ?悲しすぎひん( ;꒳​; )」


長「みっちー!!あそb(( 『空気読んで?』


西「あかん、二人の世界入ってもうてる」


和「ていうかみっちーさ、この後撮影やなかった?」


『うわ、…忘れとった』


大「めっちゃ絶望してますみたいな顔するやん」


『じゃああなた俺もう行かなあかんから』


「いややぁ」


『帰ってきたらたくさん構うからまっとってな?』


「うん、」


『じゃあ行ってくるわ』


「、いってらっしゃい!」


長「最初から最後まで甘々やったな」


「長ネギにしよか?」


長「長ネギって初めて言われた 笑」


和「長ネギクッキーってあるらしいで」


藤「そこで反応するところさすがやわ」


和「やろ?(ドヤッ」


高「でもかっこよさは俺よりもはるかにしたっすよね」


和「もう奢らんよ?」


高「それはやめてくださいいい!!笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

みるくくれーぷ
みるくくれーぷ
君の視界に入りたかった 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る