前の話
一覧へ
次の話

第8話

【大橋和也】フェラの練習
2,009
2023/05/31 12:33
私の彼氏はとても優しくて、、なんかあったら守ってくれるし、とにかくとても優しい、

だから、そういう夜の行為だって無理にやらせたりはしない、、



今日、丈くんの彼女さんと仲が良くランチをした、

その時







丈の彼女「夜ってどういうプレイするの、?」


あなた「えっ、、うーん、普通、?逆にどういうのをするの?」


丈の彼女「えっ、とね、丈は、Mだから、いじめたり、?したりするかも、」


あなた「えっ、攻めるの!?」


丈の彼女「うん笑」



あなた「攻めるってどういうことするの、?」


丈の彼女「うーん、、普通にフェラとか、?」


あなた「えっ、!フェラしてるの!?」


丈の彼女「うん、、めっちゃ可愛いよ、あんあん、喘ぐし感じてる顔が可愛い、、逆にフェラしないの、?」


あなた「うん、したことない、」



丈の彼女「えー、してみたら、?絶対喜ぶって!」



あなた「うん、してみようかな、、、」


ということがあって、、






確かに和くんはフェラとかしてって言わないし、したことなかったなぁ、と思って



してみようと思います!





て言ってもどうやってやればいいんだろう、、


まぁ、エッチは、毎日和くんが誘ってくるからそれは大丈夫だけど、、






『あなたー!そろそろ寝る〜?』





「そうだね〜、」




『ベッド行こっか、!』




「うん、」









ドスッ←ベッドに押し倒す




『しよ、?』



「うん、、」



チュ、チュ、



まって、このまんまだったらいつもと同じじゃん、!


どうしよう、、




「和くん、、」


『ん、?』



「あのさ、和くんは、フェラ//、されたいと思わないの、?」



『えっ、?どうしたん、あなた』



「いや、されたいと思わんの、?」



『そりゃあー、されたいよ、?』



「ならさ、」




『でもさ、あなた嫌じゃないん、?』



「え、和くんだったらするよ、?」



『ホンマに、?』



「うん、でもしたことないからやり方教えて、」



『ふふっ、わかったで』




『じゃあ脱がせて、?』



「うん、」




カチャカチャ、





「うわぁ、大きくなってる、」



『つ、恥ずいから言わんといて、』




「どうすればいい、、?」



『一旦擦ってみて、』



コシュコシュ、クチュ、クチュ




「こう、?」



『ん、ぁ、ええで、っ、』











和くんが気持ちよくなってる、、、
くわえたらどういう反応するんだろう、、




はむっ




『っ、!?あなた?』



「ベロベロ、、チュ、チュ、」



『っ、ぁ、あかん、、』



きもひひ?きもちい?




『っ、あぁ、あかんわ、、、気持ちよすぎる、』




よはっはよかった



『っ、、ちょ、ここで喋らんといて 、 、』




『あ、ちょっと、もうやめて、、いいよ、』


『あなたっ、』



いいお、?いっへいいよ いって








『あっ、、いく、でる、から、っっ、、//』




ドビュドビュッ、、

『はぁ、はぁ、』


『ぁ、まずいやろ、?出しなあなた』



ゴクッ


「んー、飲んだー笑」




『もう、可愛すぎ、、』





「和くん気持ちよさそうだったね、笑」







『やめてやー、』
『次はあなたの番なー』







「ちょ、いいよ、」







『良くないー笑』
ほんとにお久しぶりです、
これからも投稿出来なくなるんですけど皆さんのいいねとコメントがあったら時間を作って書くのでぜひお願いします🙏

プリ小説オーディオドラマ