無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

No.1
亮平side









…あっぶねぇ、2位と3点差じゃねぇかよ。






(なまえ)
あなた
悔しいっ…













そんな声が聞こえて反射的にそっちを向いた。
(なまえ)
あなた
あっ、どうも…
阿部亮平
阿部亮平
…あ、こんにちは
くっきり二重に通った鼻筋。

透き通るような白い肌に潤いのある唇。










俺は思わず見とれてしまった。
(なまえ)
あなた
あのー阿部さん、ですか?
阿部亮平
阿部亮平
あ、はい、そうですけど
なんか見たことあるな…































そう思い順位表をチラッと見た















名前が書いてあると思ったからだ

























その名前は、思ったより早く見つかった。




















“西園寺あなた_______________”






















































そうだ、Queen だ。