無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

sell love.
はぁぁ、やっぱ先輩方は凄いねぇ。




















対応の仕方が全然違う。













それになんだかんだ言って優しいし。







名前だって付けてくれた。
















「今日も可愛いね、雨恋羽(うれは)ちゃん♡」





(なまえ)
あなた
んふふ、ありがと♡そう言ってくれて嬉しいよぉ?




ここでは私は“雨恋羽(うれは)”だから
































































“あなた”なんかじゃなくて


















性格も普段とは違うしある程度ぶりっ子だってする。




































_______________ここで私はNo.1だから





























































No.1の名に恥じないような女の子でいなきゃね



























「ねぇねぇ、雨恋羽ちゃぁん♡」









そう言って、ジリジリと距離を縮めてくる。










…ねぇそれセクハラじゃん?太ももって




(なまえ)
あなた
なぁに?




「まだダメなの?」







ほら、口を開けばすぐそれ。
(なまえ)
あなた
うーん、うれは純粋だからそういうの分かんないなぁ笑



「ウソつきぃ笑分かってんでしょ?」








またそやって距離を縮めてくる





(なまえ)
あなた
っ…やだぁ、冗談は良くないよ?笑










本当に良くないよ…やめて…?

























でもこの職業はそれが許されないから困るんだよな














































※ちなみにsell loveって媚びを売るって意味らしいです