2022/11/04 12:58
連載中

無理なら無理で良い

  • ホラー
  • 夢小説
俺は教育の厳しい家庭に育って、幼稚園生から塾に通ったり小学生ではテストの点数が悪かったら家に入れて貰えないかったり、中学生になったら点数が良くても100点じゃないから「お前は家の子供じゃない!!」って言われて家に入れて貰えなかったり…そんな俺は来年高校三年生になる…不安で仕方がない…そう思ってたんだけど…そんな俺に手を差し伸べてくれる人がいたんだ。

チャプター

全3話
6,784文字
第3話
父親の過去と俺の人生
第2話
差し伸べられた手
第1話
家出
rina_0103_

rina_0103_

が好きなあなたにおすすめの小説

オオカミ先輩は"マテ"ができない

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る