第5話

5
1,431
2022/08/04 01:17


引きこもる原因になった当時のことを思い出していた夜 、ホークスがまたやってきた



今日 、私の部屋のドアは閉めていた
ホークス
 お邪魔しまーす 。 


ホークス
 お 、 今日は閉まってますね〜 。 何かあったんです ?




ドア越しに聞こえるように 少し大きめな声でそう言った




私は無言だった 。
ホークス
 頼りないかもしれませんけど 、 いつでも受け止めるんで 。
悩みがあったら 、 聞かせてくださいね 。



ホークス
 ご飯 、 置いておくので 良かったら食べてください 。


いつもなら この時も無言で 、 ホークスが出ていくときだ 。



そんな時に 私は 1つ ホークスに聞いた
檻波羅
 ホークス 。
ホークス
 … はい 、



檻波羅
 … あの女の人のお墓はどこ 、
ホークス
 … 思い出してたんですか 。 
檻波羅
 … うん 。 そしたらさ 、 1回もお墓行ってないなって 。
檻波羅
 だから 、お墓行きたい 。 
ホークス
 … 分かりました 。 俺自身もどこかは分からないんで
聞いておきますね 。
檻波羅
 うん 、 … ごめん
ホークス
 謝らないでください 。 何も悪いことはしてませんよ 。
檻波羅
 … … うん 
ホークス
 じゃぁまた 明日 。 








ホークスside


たった今 、 あなたさんの家を出た 。


あなたさんが引きこもって 早1年半 。 あの女の人の事について



聞いてくるのは 今日が初だった 。




本当は ヒーローが お墓参りになんて行ったらダメだ 。


仕事に私情を持ち込むことは決して許されてはいけない 。



俺も 、 それは子供の時から 痛いほど公安に言われてきた 教訓のようなものだ 。



ただ 、 あなたさんが前に進もうとしているのならば 。



そこへ行って 何かが変わるのならば 。



俺は ちゃんと 貴方に協力しますよ 。










その夜 、 俺は 公安の方へと 羽を伸ばした 。
































公安の方へ行く と 、 目良さんに送ったから ビルの下で待っていてくれた
目良
 ホークス 、お久しぶりです。 こんな夜の時間にどうしたんですか ?
ホークス
 ちょっと話したいことが目良さんとあってね 。 
目良
 … そうですか 、 では 中に行きますか
ホークス
 行きましょ 。









目良
 … 話とはなんです ?
ホークス
 えぇっと … 今活動休止中のヒーロー プリズン居るじゃないですか。
目良
 … あぁ 、 ホークスと結構仲良くやっていた人ですよね
ホークス
 その人です 。  それで 今引きこもっているでしょ ?
俺は その子の家に 毎晩行ってるんですけど
目良
 …え 、1年半毎日ですか ?
ホークス
 そうです 。 欠かさず 行ってるんですよ 。
それで自殺とかされても困るのは公安でしょ ?
目良
 まぁ… そうですが 、
ホークス
 そう 。 それで さっきも行ってきたんです 。
そしたら …


省略








目良
 … そんな事が 。 
ホークス
 そうなんです 。 あの子が 外に行きたいとか
そういった 事を言うのが初めてなんで 。
目良
 … 難しいところですね 。ヒーローが私情を持ち込むことは
許されていない 。 それは わかってますよね ?
ホークス
 十分 わかってます 。 痛いほど言われてきたんですから 。
ホークス
 ただ あの子は前に進もうとしてるんですよ 。
それで実際に行ってどっちに転ぶかは分かりませんよ 。
ホークス
 ヒーローになりたいって思うかもしれないし
一生なりたくないって思う可能性も充分にある 。
目良
 えぇ 、 そうですね
ホークス
 けど 絶対俺が守り抜くんで 。 何がなんでも
ホークス
 なんで 、 お墓参りさせてあげてください 。
目良
 … まぁ 、 ホークスがここまで熱くなるのも
珍しいですからね 。
目良
 ……… ひとまず 、 上の方へ 言ってみます 。
それで 返事が貰えたら また連絡します 。
ホークス
 ありがとうございます !!!
ホークス
 目良さん流石〜 !!!
目良
 … ホークスは どうなんですか ?
目良
 あの方とまたヒーローをやりたいって思いますか ?
ホークス
 … そりゃぁ思ってますよ 。 毎日ね 。
ホークス
 けどそれは一方的に言っても意味ないし
逆に負担になっちゃうんで 言ってませんよ 。
目良
 … そうですか 、 良かったです 。
目良
 本音が聞けて 。
ホークス
 ははっ 、 じゃぁ俺は行かなきゃなんで 。
ホークス
 色々頼みますよ〜 目良さん !
目良
 分かりました 。 たまには休んでくださいね 。ホークス 。
ホークス
 それ 、 特大ブーメランっすよ〜 !





こうして 、 俺は 家へ帰った















プリ小説オーディオドラマ