前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
2,274
2022/07/23 07:06


今日も私は 、 家で一日を終える 。





ホークスが 、 私の家に入って ドア越しに毎日 何か言ってくる 。
ホークス
 あなたさん〜 、 一緒にご飯とかどうです ?
檻波羅
 … 無理 。
ホークス
 悲しいなぁ 。 いつかは行きましょうね 。 
ホークス
なんにも食べてないでしょ ?  菓子パンでもって思って
買ってきたんで 、 気が向いたら食べてください 。
檻波羅
 …… ありがとう 。
ホークス
 いいえ 。 あんまり部屋暗すぎたらダメですよ 。
ちゃんと 明かりはつけてくださいね
檻波羅
 … うん
ホークス
 じゃぁ俺行くんで 、 また明日 。




明日も来るんだ… とか思いつつ 、 数秒置いて 、 さっき置いていった
菓子パンを覗いて見た 。




メロンパンだった 。










________𝐩𝐫𝐨𝐟𝐢𝐥𝐞________
檻波羅
 檻波羅おりはらあなた

個性 : プリズン 大きさや強度 自由自在の檻が作れる

引きこもってから1年半くらい経った 。

それまではホークスと共にヒーロー活動をしていた 。

何故か合鍵を持っているホークスが家に来て ご飯を持ってくる生活を送っている 。
ホークス
 ホークス


引きこもりのあなたをどうにかしたい 。

気にかけている

プリ小説オーディオドラマ