無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

第28話
作者
作者
I˙꒳​˙)ヒョコッ!
作者
作者
準備期間とかその他諸々省略です笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いよいよ準備も大詰め。
明日に迫る文化祭を前に、今日は全日準備日だ。
モブちゃん3
モブちゃん3
たい焼きの看板作り終わったー?
装飾を飾り終えた女子が、
大道具の男子に呼びかけると。
モブ1
モブ1
えっ、たこ焼きじゃ無かったっけ
ハケで色を付けていた男子が
びっくりしたように手を止めて。
モブちゃん3
モブちゃん3
...................は?
全員を震え上がらせるような声が、
静かになった教室に低く響いた。
クラスメイト
クラスメイト
(あ、やばい)
雅
(...止めないと)
青ざめる私達。
慌ててフォローを入れる。
雅
(うわわ...なんか険悪)
大丈夫!使えるとこは使って、
文字だけ作り直せば間に合うよ!
モブちゃん3
モブちゃん3
( ゚д゚)ハッ!...あ...っ、そうだよね、ごめん
やがて、少しピリピリし過ぎてたかも、と笑ったその子に、
張り詰めていた空気が緩む。
クラスメイト
クラスメイト
(.......ε-(´∀`;)ホッ)
モブ1
モブ1
いや、俺こそ...ごめん。
皆!手伝いよろしく!
雅
もちろん!...................
実行委員として役に立てた事が嬉しくて、
つい。ころちゃんを振り返ってしまうけど。
ころん
ころん
.......!?ww
クラスメイト
クラスメイト
...それでさーwww
クラスメイトと楽しそうに話すころちゃんの目に、
私なんて見えていない。
雅
(自分が居なくても仕事出来る、
とか思われてたら...どうしよう)
どんどん、話せなくなって行く。
モブちゃん1
モブちゃん1
碧山くん、これなんだけど...
ころん
ころん
あー、これは...ちょっと聞いておく!
モブちゃん3
モブちゃん3
ありがと!
どんどん、遠くなって行く。
雅
(明日の文化祭も、
一緒に回りたかったなあ...)
皆の雑用を引き受けながら、大きな溜息をこぼした。
ー.............................
クラスメイト
クラスメイト
いよいよ始まったー!!
ーぽん、ぽぽん、ぽぽぽん...
空に文化祭開始の合図である、煙が消えると、
皆で拳を突き上げる。
クラスメイト
クラスメイト
1年B組オリジナルたい焼き、
絶対ベストスリー入りするぞー!
クラスメイト
クラスメイト
おおー!
ころん
ころん
...おおーww
雅
おー!
気合は十分。
一斉にお客さんを迎え入れる為に動き始める。
モブ1
モブ1
1年B組でたい焼きやってまーす!
食べに来てくださーい!
モブちゃん2
モブちゃん2
味はカスタードとチョコと...
こしあん、粒あんがあります!来てね!
ある人達は呼び込みに。
モブちゃん1
モブちゃん1
2点で400円になります。
ありがとうございます。
ある人は会計に。
雅
商品です!ありがとうございました!
私は受渡し口に。
ころん
ころん
カスタードが思ったより沢山出てるな...
他のオススメして調整するか
ころちゃんはレシートの整理や、
たい焼きの数の管理に。
それぞれが大忙しで仕事をこなしながら。
自分の休憩時間を待っていた。
雅
(.......はぁ...)
ただ1人、私を除いては。