無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

第47話
雅
...............( ˘•ω•˘ ).。oஇモヤモヤ
何だか、胸がチクチクする。
雅
(ころちゃん.....さっきから
あの女の子とばっかり話してるなぁ)
時々向ける視線の先に居るのは、幼馴染の彼。
話しかけてくれないのは、珍しくて。
雅
(私、また何か...しちゃった?)
嫌われたくないと強く思っている自分に、驚く。
雅
(今までだって嫌われるのは嫌だったけど。
何か、違うような)
隣に居たい。
彼の事を、1番理解している人でありたい。
雅
(.....家族愛にしては重すぎる気がするし...)
この想いを、何と呼ぶべきなのか分からなくて。
雅
うーーーーん.......?
女子高生らしからぬ声で、唸っていると。
さすがと、言うべきか。
綾
みーやーび。難しい顔してるよ?どしたの?
バッチリのタイミングで。
私にとっての恋愛相談相手が現れる。
雅
あ、えっと.......
綾
ー碧山くんの事?
その桁外れの洞察力で、瞬時に私の悩みの種を見抜き。
雅
.......何で分かったの!?
綾
雅の視線たどれば、簡単だったけど...
そして、『答え』へと導いてくれる。
綾
.......私さ。前に雅に聞かれたよね。
雅
...何だっけ
綾
ちょ、忘れないでよww
『恋』って、どういう物なの?って
雅
.........................!
思い出したのは、以前の私達の他わいもない会話。
綾
その人の事を考えると、モヤモヤして。
綾
自分以外の誰かと話している姿を見ると、
チクチクする
綾
.......って、私は答えた。
雅
ーうん。
あの頃は、聞いても全く分からなかった。
綾
今。心当たりが、あるんじゃない?
でも、今はー...........。
雅
(無いと言えば、嘘になる。)
自分の思う特別が。
ころちゃんに対してだけ、形を変え始めて居て。
雅
(.......この気持ちを、恋と呼ぶの?)
綾
...意識し始めてるのは、分かるよ
綾
恋って、気づかない間にしてるの。
彼女の言葉が、フッと胸に収まったのは。
雅
(ーあぁ。そうだったのかも知れない)
自分が気づくより前に、彼に恋をしていたと。
ようやく確認出来たから。
雅
(私、とっくに...ころちゃんの事)
雅
(幼馴染以上に、好きだったんだ)
ーどうして今まで付けられなかったのだろう。
雅
綾、ありがと。...やっと分かった。
この気持ちの、名前を。
ようやく見つけた答えを忘れない内に、立ち上がると。
綾
.............どういたしまして。
ようやく?と言いたげに優しく笑う綾。
雅
.......私、、行ってくる
綾
ー応援してるから、頑張れ
雅
...........うん!
大好きな親友の言葉に力を貰って、教室を飛び出す。
雅
(遅くなっちゃったけど.......)
もう認めよう。
この気持ちは、『恋』だ。