無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3*
ユソン
ユソン
スニョン、お疲れ様。
懸命に走ったが優勝を逃した彼には、
今、これが最も正しいはず。そう言い聞かせて声をかける。
スニョン
スニョン
ユソン、ごめん。カッコいい姿見せるはずだったのに。
ユソン
ユソン
私、みんながあんなに動けるなんて知らなかった!
みんな、ほんとかっこよかったよ
ジス
ジス
お疲れー
スニョン
スニョン
あ、ジスヒョン!
お疲れ様です!
ユソン
ユソン
オッパのクラス優勝でしょ?
ジス
ジス
うん。
って言っても、僕なんもしてない。
スニョン
スニョン
きっとヒョンの応援のおかげです。
優勝おめでとうございます
そんな他愛もない話をして過ごす。
閉祭式で、校長先生が
よく頑張りました。みたいなありがちな言葉を言って、
体育祭は幕を閉じた。
スンチョル
スンチョル
ユソン、それじゃ帰ろっか。
ユソン
ユソン
うん!
2人で手を繋いで帰る最中、
急に前がグルグルと揺れだした。
私が立ち止まると心配そうに声をかけてくるオッパ。
スンチョル
スンチョル
ユソン、どうした?
具合悪い?
こんな時にも心配かけちゃダメ、と変な意地が出る。
ユソン
ユソン
、、、だい、じょうぶ。
スンチョル
スンチョル
ほんと?辛かったら言えよ
そう言って歩くペースを緩めるオッパ。
ほんとに、どこまで優しいんだ。

それでも歩くとやっぱり気持ち悪くなるし、
吐き気にも襲われるようになった。
だんだんと手足に力が入らなくなって、
オッパとつないでいた手を離し、しゃがみこむ。
スンチョル
スンチョル
ユソン、病院行くか?
大丈夫じゃないだろ。
もう歩けない?
オッパに何か答えようとしたはずなのに、
口からは、血が噴き出した。
スンチョル
スンチョル
お、おい!
救急車呼ぼう!
大丈夫か?俺のことわかるか?
必死に意識をつなぎとめるとは、
まさにこのことだと思った。
オッパの声が遠ざかる中、私は音もなく
意識を手放した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下には私がいた。
私の上には、空がなかった。
どうして?私はここにいるのに!
そんな声など誰の耳にも届くはずがない。
オッパが下で泣いている。
そこは病院だろう。
白衣を着た人が指示を出すと、
看護師らしき人が動く。
何人かで私の体に心臓マッサージを繰り返している。
1人が赤色のものを持ってきた。
AEDだろう。
私の体につけられて、
先生がボタンを押した。
ユソン
ユソン
、、、ッ!
さっきまでの景色はなんだったんだろうか、
私は体だけだったはずの病院へ意識が戻ってきた。
医者
意識が戻った
私の周りにはぐるぐると歩き回る人。
そんなことよりも、早くオッパに会いたい。
そう思いながら、私は夢の中へ吸い込まれていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
???
ユソン、、オッパは、お前がいないと、ダメなんだ
ユソン
ユソン
、、、、んー
???
あ、起きた?だれかわかる?
ユソン
ユソン
ん、オッパ?
スンチョル
スンチョル
ふふ。よかった。おはよう
そう笑うオッパの目は赤くなってて、
そんなんじゃ泣いたのがバレバレだよ、オッパ、、、
スンチョル
スンチョル
びっくりしちゃった。
帰り道急にしゃがんだと思ったら、
血吐いちゃうんだもん。
ああいう時は、無理しないで
ちゃんと頼って!わかった?
ユソン
ユソン
うん。ありがとう、ごめんね。オッパ。
スンチョル
スンチョル
いーのいーの。
気にしなーい。
ユソン
ユソン
ありがとう!
スンチョル
スンチョル
ユソン、あのね、話があるんだ。
もう、多分あとちょっとでユソンは
自分で、自分の足で、歩くことは、
できなくなる。
ユソン
ユソン
、、うん。わかってるよ。
スンチョル
スンチョル
おいで。
ユソン
ユソン
、、ギュ
わかってた。わかってたのに、
なのに、なんでこんなにも
切なくて、悔しくて、涙が出てくるんだろう。
ユソン
ユソン
、、うー、オッパー😭
スンチョル
スンチョル
よしよし。
なんでなんだろう。
なんでこんなにもユソンが苦しまなくちゃ
いけないんだろう。でも、大丈夫大丈夫。
オッパがついてるよ。
いつでもユソンの味方だよ。
ユソン
ユソン
うん。ありがとう、オッパ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あれから数日間入院を続けて
ハニオッパもジスオッパもお見舞いに来てくれた。
そしてついに今日は退院した。
明日から学校。
まだ車椅子を使うのはなんか嫌で、
歩きで頑張る。
頑張ろう!
自分に声掛けすると、いつのまにか朝になってた。
スンチョル
スンチョル
本当に大丈夫?
ユソン
ユソン
大丈夫だってば!
スンチョル
スンチョル
よし、じゃあ行くか!
いつもと何も変わらない朝。
私はこの朝をあと何日過ごせますか?





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おぬチ
おぬチ
今回はこれで終わりでーす!
どうでしたか?
おぬチ
おぬチ
ユソンは、一体どうなってしまうんでしょうか?
おぬチ
おぬチ
それでは次回も頑張るので、お楽しみに〜

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おぬチ
おぬチ
*おぬチ 小説のタグ #キュアおぬりん 安定さん急募中 極度の寂しがりやなので、 たくさん絡んで下さると、 元気百倍アンパンマンになります。 更新遅くなります😞 💐チング 🌹す め ら ぎ :この子ウチの子なんで、手出すのダメよ❤️((圧 🌹ひぃら:この子の事、今私が愛してるので☆ 🌹ウェイ :狙ってる方ごめんなさい。ウチら、相思相愛なんで✋
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る