無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1*
スンチョル
スンチョル
ユソーン、朝だぞー?
ユソン
ユソン
んー、まだ眠いー
窓から差し込む朝の光がアラームの代わりになり、
オッパが優しく揺すると本格的に夢から目覚める。
スンチョル
スンチョル
学校、行かなきゃ!
ユソン
ユソン
はーい🙋‍♀️
スンチョル
スンチョル
ん、いい子。
ちなみにこのスンチョルオッパは、
私の実の兄です。病気のことを唯一知ってる人。
うちは、親がいないので、オッパと二人暮らし。
スンチョル
スンチョル
ご飯できてるよ!
ユソン
ユソン
やったー!
モグモグ食べてると、
スンチョル
スンチョル
ゆっくりでいいよ。
急がないでね、置いてかないから。
私は病気のせいもあって、人より動くスピードが
ワンテンポ遅い。だから、なにかと助けてもらうことが多い。
ユソン
ユソン
あんがと、オッパ😊
スンチョル
スンチョル
ふふ、ほんとユソンは可愛いなー😍
行ってきます!と2人仲良く挨拶。
ニコニコ手を繋いで登校。
前に見覚えのある2人を見つけた
ユソン
ユソン
オッパ、あれってさ、、、
スンチョル
スンチョル
あ、ほんとだー
スンチョル
スンチョル
ジョンハンー、ジスー!
ジス
ジス
あ、おはよ!
ジョンハン
ジョンハン
ジス待ってー
ユソン
ユソン
オッパ達、おはよう!
ジス
ジス
ふふ、おはよう
ジョンハン
ジョンハン
ん、はよ
スンチョル
スンチョル
さて、行くか!
ユソン
ユソン
そうだねー
4人で仲良く登校。
ユソン
ユソン
もう、ついちゃった。
ジス
ジス
そういえばさ、ユソンってゆっくり喋るよね。
ユソン
ユソン
あー、ええっと、そうかな?
ジョンハン
ジョンハン
俺も思ってた。
スンチョル
スンチョル
いや、昔からこうだからあんま違和感ない。
喋るのも周りよりゆっくりな私は、みんなにこう言われる。
ジス
ジス
でも、ユソンの喋り方、僕好きだよ。
ジョンハン
ジョンハン
俺も。なんか落ち着く。
スンチョル
スンチョル
ふふ、よかったな。
そう言って私の頭を撫でるオッパは安心してる顔をしてる。
私は昔に喋るの遅いとか、動くの遅い、とかで一時期いじめられたから、
オッパはずっと心配してるみたい。
ユソン
ユソン
うん。ありがと!
スンチョル
スンチョル
じゃあ、帰りね!
ユソン
ユソン
うん、帰りにまた!
そう言ってオッパ達とは別れる。
すると後ろから
ソクミン
ソクミン
あれ、ヌナ?
ユソン
ユソン
ん、ソクミン?
ソクミン
ソクミン
やっぱヌナだ〜!
ユソン
ユソン
あ、もうすぐチャイムなっちゃうよ!
ソクミン
ソクミン
あ、ほんとだ。もう行くね!
またね、ヌナ!
ユソン
ユソン
うん、またね
そう言ってゆっくり階段を上っていく。
ソクミンは、中学校の頃に委員会が一緒で仲良くなった後輩。
中学校の頃を思い出してると、
ジフン
ジフン
あ、ユソンおはよ。
ユソン
ユソン
え、ジフン?
ジフン
ジフン
いやいや、俺だろ、どっから見ても。
そんな風に笑いながら話しかけてきたのは
一緒のクラスメイトのジフン。
私たちの仲は、昼友。
一緒にお昼食べる仲。
今日は沢山の人に会うなぁ、って思いながら一緒に教室まで
足を進める。教室に入ると、
スニョン
スニョン
あ、ユソン来た!
ジュン
ジュン
ほんとだ、ウジも!
ウォヌ
ウォヌ
2人とも、おはよ
ジフン
ジフン
はよー
ユソン
ユソン
おはよ
担任
おーい、席つけー
ショートホームルーム中、私はスニョンとおしゃべり。
スニョン
スニョン
ユソン、体育祭明日だね!
ユソン
ユソン
そーだね。
スニョン
スニョン
ユソン何でんの?
ユソン
ユソン
バドミントン
スニョン
スニョン
え、見に行きたい!
ユソン
ユソン
いいけど、全然うまくないよー?
スニョン
スニョン
いいの、俺はユソンが見たいの!
ユソン
ユソン
わかったー、ありがとう😊
スニョンは何出るの?
スニョン
スニョン
俺はね、サッカーと最後のリレー
ユソン
ユソン
え、見に行くね、頑張れ!
スニョン
スニョン
え、めっちゃ頑張れそう。
ーーーー
担任
、、、明日は体育祭なんで、みんな頑張れー!以上
だるい授業も頑張ってお昼((うん、雑☆
ちなみにお昼はいつもこの5人
スニョン
スニョン
腹減ったー
ジフン
ジフン
俺今日弁当2つ
ウォヌ
ウォヌ
いいから、早くたべよ
ユソン
ユソン
え、ジュニは?
ウォヌ
ウォヌ
購買ダッシュ
ユソン
ユソン
なるほどねー
ジュン
ジュン
ただいまー
ユソン
ユソン
えっ、早くない?
よくゲットできたじゃん。
ジュン
ジュン
だって、授業終わる5分前から
教室出てたもん。
ユソン
ユソン
あ、プロおった。
スニョン
スニョン
え、それな。
ご飯食べてると、
ジュン
ジュン
ユソンってさ、ご飯食べるの遅いよね
ジフン
ジフン
別にスピードなんてどうでもよくね?
スニョン
スニョン
え、俺めっちゃ可愛いと思うんだけど。
ユソン
ユソン
かかか、可愛い⁉︎
ウォヌ
ウォヌ
そんな動揺?笑
ユソン
ユソン
もー、いいから!
そんな話してると、廊下から黄色い悲鳴に似た歓声が聞こえてきた。
ユソン
ユソン
なんの騒ぎだろうねー?
ヨジャ達
ヨジャ達
キャー!
ヤバイヤバイ!
なんで2年棟に来てんの?
???
ちょっとそこどいてくれる?
ヨジャ達
ヨジャ達
は、はい!
???
ねえ、邪魔
???
そんな言い方しなくても、、、ねぇー?
ヨジャ達
ヨジャ達
だ、だだ大丈夫でーす!
スンチョル
スンチョル
ユソンー!
ユソン
ユソン
へ、オッパ?
スニョン
スニョン
あ、スンチョリヒョンか!
ジス
ジス
ユソン〜
ユソン
ユソン
あ、ジスオッパも!
ジョンハン
ジョンハン
俺もいるんだけど〜
ユソン
ユソン
わー、ハニオッパ!
ユソン
ユソン
どうしたの?
スンチョル
スンチョル
ごめん、この教科書間違えて持ってた!
ユソン
ユソン
あ、いいよー
スンチョル
スンチョル
じゃ、もう行くね?
ユソン
ユソン
あっ!
ジス
ジス
どうした?
ユソン
ユソン
オッパ達体育終わった?
ジス
ジス
ちょうど一限前終わったよ
ユソン
ユソン
今日体操着忘れちゃった。貸してー?😭
ジョンハン
ジョンハン
はい。
ユソン
ユソン
ハニオッパ、いいの?
ジョンハン
ジョンハン
うん。ちょうど暑くて脱いでたから。
ちょっと汗くさいかもだけど、いい?
ユソン
ユソン
全然!ありがと!
スンチョル
スンチョル
じゃあ、俺らそろそろ戻る。
ユソン
ユソン
うん、バイバイ。
ハニオッパ、ありがとう😊
ジョンハン
ジョンハン
そう言って頭撫でて帰ってちゃった。
ヨジャ達
ヨジャ達
ユソンちゃんさ、めっちゃ話してて羨ましいけど、
マジで美男美女の塊すぎて、ずっと見てたい。
ヨジャみんないい子です❤️
そのまま放課後迎えて家に帰った。((またまた、雑☆
スンチョル
スンチョル
ユソン、寝るぞー
ユソン
ユソン
あーい!
オッパの腕に完全ホールドされて寝ました。

ユソンはこうして毎日病気に呑まれていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
おぬチ
おぬチ
どうも、おぬチです!
新作です!
終わり方微妙でごめんなさい🙏
予告では、ボカチで進めるって言ったんですが、
がっつり95、96メインで書いてます。
お許しください。
おぬチ
おぬチ
次回も頑張りますので、よろしくお願いします!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おぬチ
おぬチ
*おぬチ 小説のタグ #キュアおぬりん 安定さん急募中 極度の寂しがりやなので、 たくさん絡んで下さると、 元気百倍アンパンマンになります。 更新遅くなります😞 💐チング 🌹す め ら ぎ :この子ウチの子なんで、手出すのダメよ❤️((圧 🌹ひぃら:この子の事、今私が愛してるので☆ 🌹ウェイ :狙ってる方ごめんなさい。ウチら、相思相愛なんで✋
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る