無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4*
教室の前で一呼吸。
1週間も来なかったから、やっぱりちょっと緊張。
そう思ってると、
ウォヌ
ウォヌ
あ、ユソン!
ユソン
ユソン
、、え?
後ろを見るとウォヌ。
普通に挨拶しようとしただけなのに、
足から崩れて落ちた。と、思った。
ウォヌ
ウォヌ
あっぶね、どうした?
やっぱまだ具合悪い?
ウォヌには本当の事を言える。
なぜかふと、そう思った。
ユソン
ユソン
ウォヌ、重いでしょ?
ごめんね。ちょっと動けない。
そう言うと、
ウォヌ
ウォヌ
重くないよ。
1週間、断食でもしたの?ってくらい。
そんなこといいながら私を抱えて
場所を移す。
ウォヌ
ウォヌ
この1週間、どうしたの?
スンチョルオッパには、
ユソンが言える人になら話すのもいいと思う。
そう言われていた。
だから、ウォヌには、言おうかな?
ユソン
ユソン
あのね、
ウォヌ
ウォヌ
うん。
ユソン
ユソン
病気、なの。
ウォヌ
ウォヌ
、、、いつから?
ユソン
ユソン
ずっと前から。
っていうか、多分、生まれた時から。
ウォヌ
ウォヌ
どんな、病気、なの?
ユソン
ユソン
筋肉が動かなくなるの。
だから、さっきも歩けなくなって。
で、ここ1週間入院してた。
私、卒業までには、死ぬ、の。
ウォヌ
ウォヌ
わかった。俺には、何をするのが正解なのかはわからない。
でも、ユソンとの関係ずっとこのままでいたい。
ユソン
ユソン
うん。私も。
ウォヌ
ウォヌ
他のやつは知ってるの?
ユソン
ユソン
ううん。スンチョルオッパと、ハニオッパと、ジスオッパ。
あと、ウォヌだけ。
ウォヌ
ウォヌ
わかった。
ウォヌ
ウォヌ
言いづらいこと、勇気を出して言ってくれてありがとう!
ユソン
ユソン
話、聞いてくれてありがとう。
2人で教室に戻った。
みんなはいつも通りに接してくれて、
すんごく心が楽になった気がした反面、
私はこの人達と卒業という最期の瞬間を
一緒に迎えられないんだと思った。
担任
ユソンー!SHR終わったらちょっとこーい!
ユソン
ユソン
はーい!
そう言われてSHRが始まった。
外に目線を外して、
空を見上げた。
すると隣から、
スニョン
スニョン
ユソン、1週間もどうした?
俺、こう見えて結構心配だったよ。
ユソン
ユソン
ああ、なんかね、ちょっと風邪ひいた。
ごめんね?心配ありがとう!
スニョン
スニョン
それなら、まあいいけど。
スニョン
スニョン
ユソンがこのままいなくなるんじゃないかと思って。
ユソン
ユソン
え?
スニョン
スニョン
いなくならないでよ?
ユソン
ユソン
、、、でも、まあ、いつかは、ね?
卒業で離れ離れになるんだから
スニョン
スニョン
それでも、また一緒に会おうな!
ユソン
ユソン
、、うん
こんな約束、果たせる訳ないのに、、
スニョンを苦しめて、自分も苦しむだけなのに、、、
担任
はーい、SHRは終わりー
先生の一言でみんな席を動き始める。
私は、先生の元へ。
担任
あ、ユソン来た来た。
そう言うと教室を出る先生。
担任
お前、1週間大丈夫だったか?
ユソン
ユソン
はい。迷惑かけてごめんなさい。
学校側は、私のこと全部知ってる。
担任
医者、なんだって?
ユソン
ユソン
今後は多分、もう、歩けなくなると思います。
今歩けてるのが不思議なことみたいで、、、。
担任
わかった。こっちも最善の配慮はするつもりだから、心配するな。
ユソン
ユソン
ありがとうございます!
担任
あと、このこと知ってる人は、お前のにいちゃん以外に誰かいる?
ユソン
ユソン
えっと、オッパと同じクラスのハニオッパと、ジスオッパ、
あと、ウォヌです。
担任
じゃあ、うちのクラスはウォヌだけ、ってことか。
今日、席替えの予定なんだが、今後はウォヌとずっと隣でいいか?
ユソン
ユソン
ウォヌが良いって言うなら、
私は誰でも構いませんよ。
担任
なんかあったらわかってるのがウォヌだけなら、
こっちからウォヌに頼んどく。
ユソン
ユソン
分かりました。ありがとうございます。
先生、最後まで、お世話になります。
担任
大丈夫だ。お前は、俺のクラスの生徒として、
俺が責任を持って最後まで面倒見てやっからよ。
ユソン
ユソン
ありがとうございます!
お世話になります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生にお礼を言う。
本当に頼もしい先生だ。
この先生は不器用なだけで、このクラスが大好きなんだ。
このクラスになれて、本当に良かった。
私はそのまま外の光が差す自分の席に着いた。
キラキラと眩しい太陽を見るのは、いつまでだろうか。
今、足が動かないことを知りながらも、気づかないふりをして、
何気ない顔で、それでも私はまだこの空の、下にいる。












あの話を聞いていた人がいることに気づかず、、、










???
おい、今の聞いたか?
???
うん。ユソンが、歩けなくなるって、、、、
???
ユソンって、あいつって、
???
病気、なの?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おぬチ
おぬチ
さーて、ここまでです!
おぬチ
おぬチ
???さんは、誰でしょーかね?
多分、わかる人いらっしゃると思います!
おぬチ
おぬチ
ユソンは、どんどんと症状が悪くなってきちゃいました。
さて、スニョンとの恋は、どうなるでしょーか?
おぬチ
おぬチ
それでは、次回も頑張るので、お楽しみに〜

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おぬチ
おぬチ
*おぬチ 小説のタグ #キュアおぬりん 安定さん急募中 極度の寂しがりやなので、 たくさん絡んで下さると、 元気百倍アンパンマンになります。 更新遅くなります😞 💐チング 🌹す め ら ぎ :この子ウチの子なんで、手出すのダメよ❤️((圧 🌹ひぃら:この子の事、今私が愛してるので☆ 🌹ウェイ :狙ってる方ごめんなさい。ウチら、相思相愛なんで✋
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る