第76話

元気がない王子様
1,849
2019/06/09 12:04
金曜日 深夜
それは突然のことだった
涼介が帰ってきた晩のことだった。
くるみはラフにワンピース、ノーブラ下着一枚の服装をしていた。

これが、後にやばいことに、
山田涼介
山田涼介
…ただいま
あなた
あなた
あれ?おかえりなさい!
今日は、なんかいつもより元気ないんだけど、。


なんか、あったのかなぁ、。
リビングに荷物を置き、お風呂に入る準備をし始める。
山田涼介
山田涼介
愛華は?
あなた
あなた
もう寝たよ、明日はお友達と遊びに行くんだって
山田涼介
山田涼介
あぁ、そっか
やっばり、おかしい…
あなた
あなた
あ、私、涼介の夕飯作るからさ、出たら部屋じゃなくてリビング来てね
涼介が時計を見る。

あ、今、深夜10時過ぎだ、
山田涼介
山田涼介
こんな時間に食べたら、体に悪いから俺いらなi…
あなた
あなた
食べない方が体に悪い、軽いものにするからなんか食べなさい
山田涼介
山田涼介
…ああ
不機嫌そうに風呂へと入っていった涼介を見届け、あなたはキッチンへ戻る。
作ったのはコーンスープ。
すると、風呂場から不意に声がした
山田涼介
山田涼介
『あなた、シャンプー切れた、新しいのちょーだい』
あなた
あなた
待って、今替えに行くから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
あなた
はい、ちょーだい
あれ、?

風呂場からシャンプーの容器を渡してこない、

という前に、でて、こない、?
あなた
あなた
(待って、まさか倒れてないよね、?)
あなた
あなた
涼介、ごめん入るよ!?
思い切りドアを開けると











まさかの、

思い切り、ドアを閉められた

プリ小説オーディオドラマ