第77話

変わらなきゃ
1,863
2019/06/16 07:07
何が起きた
私は、ただ、涼介が心配で風呂のドアをあけたのに
あなた
あなた
んっ、あっ、ちょっ
山田涼介
山田涼介
いい感じになってきた
まさかこうなるなんて、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
あなた
ちょっ、何で閉めるの!?服濡れるっ
山田涼介
山田涼介
うっせ
ドアをもう一度あけようとすると、

涼介がそれをはばみ、シャワーをあなたに当ててきた
あなた
あなた
ぎゃっ、ゎっぷ!?
風呂はもう入り、化粧をしていない

ご飯はもう食べ、お腹いっぱい


まさか、ここでもう一度風呂にはいることになるなんて、なぁ、
涼介が、話さない

離してくれないし。話してくれないし。


イヤだよ、お願い、静かにならないでよ、

すると、急に服をビリッと破り、あなたの真っ白な肌があらわになった
あなた
あなた
ひっ、涼介!?
山田涼介
山田涼介
涼介は風呂場に何故か置いてあったローションを手にし、あなたにかけた
そしてワンピースを脱がせ、そのままローションを密部へ…
あなた
あなた
んっ、あっ、やめっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



数分後
山田涼介
山田涼介
…はぁっ
あなた
あなた
なんっ、でっ、こんなことっ
山田涼介
山田涼介
…俺、もう限界なんだ
動くのを止め、ただあなたに優しく抱きついてきた
山田涼介
山田涼介
俺、山田涼介 がもう作れない

ふつうで、ありのままでいたいのに、

なんか、どこか、失敗しちゃうんだ


本当は、あなたにこんな事したくなかった

けど、どうしても、体が動いて…
背中に温かいものが流れる。

それは涼介の涙だとすぐに分かった
あなた
あなた
別にいい、

私、ただ怖かったの、涼介、なんも喋ってくれないんだもん、
あなた
あなた
なんかあったら言えとか、お前が言えねーだろうが
ポチャン

あ、あなたの涙が湯に落ちた
どれだけ苦しくても、いざとなったら人には言えないみたいだ、
山田涼介
山田涼介
あなた、ごめん…
あなた
あなた
いいよ、これで仲直…
フラッと倒れ、あなたが涼介に支えられなければ立てない状況下にいた、
山田涼介
山田涼介
っ、あなた!?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山田涼介
山田涼介
…のぼせさせてごめんな、
服を着替えさせ、ベッドに寝させた涼介。

あなたの隣に座り、少しほほえみながらあなたの頭をなでる





山田涼介
山田涼介
…俺も、変わらなきゃ

プリ小説オーディオドラマ