無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

星空スキー場!
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
群馬県突入したね!優斗!
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
うん、そうだね、
はしゃぎすぎるとついたとき
スキー出来なくなるよ?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
そっか、気をつける
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
まだ寝てなよ?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
わかった!優斗もね!
私はニコッとしてから眠りについた
優斗side
梨華…可愛すぎ

大輝といるときはいつも笑顔
どうすればもっと笑わせてあげられるんだろ
って、何考えてんだ俺…

自分も寝ればいいか…
梨華side
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
りっかー!
おっきて~!
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
ふわぁー…ん?
ここって…どこ?
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
星空スキー場!
優斗達は荷物部屋に運びに行ったよ
で、部屋は
俺と、梨華と、優斗ね
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
OK!
大輝と一緒なんだ~
緊張するなぁ~
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
じゃあ温泉行ってくる♪
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
めいめーい、なっちゃーん!いこ!
神崎 芽衣(かんざきめい)
神崎 芽衣(かんざきめい)
OK!
神崎 愛海(かんざきなるみ)
神崎 愛海(かんざきなるみ)
いいよ、すぐ行く…待ってて
それから、荷物をとりにいって、温泉に向かった
神崎 愛海(かんざきなるみ)
神崎 愛海(かんざきなるみ)
温かいねぇ、気持ちいー!
神崎 芽衣(かんざきめい)
神崎 芽衣(かんざきめい)
おりゃ!
露天風呂のため
周りの石の上などに雪が積もっている


なのでそれを玉にして、私に投げてきた
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
ふっふー!
温泉の中だから冷たくなーい
楽しくなって私もやり返してると
もう夕焼け空…
綺麗だなぁ
神崎 芽衣(かんざきめい)
神崎 芽衣(かんざきめい)
梨華って大輝のこと好きでしょ?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
うん、大好きだよ、いとことしてね
神崎 愛海(かんざきなるみ)
神崎 愛海(かんざきなるみ)
へぇ?ニヤニヤ
そして、温泉から上がって
コーヒー牛乳を飲んで部屋に戻った


そして、夕食も終わり再び部屋に
なにこれ、なんか大きい可愛い箱2つ…
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
開けてみて
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
うん
!?!?!?!?


なっなにこれー!



ミシン!?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
大輝がくれたの?
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
うん!
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
家でも…くれたのに
貰ってばっかり…だなぁ
もう一つを開けると


可愛いリュックと時計とお財布
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
これは、優斗
手渡し恥ずかしかったんだって
だからゲーセンいったんじゃないかな?
もう!二人が神様に見える!
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
梨華…はい
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
これ、マフラー?可愛い!
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
ちょうど売…いや、UFOキャッチャーで
取れて俺はつけないしだから
売って
言ってるじゃない~

それに星空スキー場ってかいてあるし!


それでごまかしてるつもりなのかな?
優斗ったら!かわいい!
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
優斗!大輝!
本当にありがと!うれしすぎる!
抱きつき、お布団に寝っ転がった



私達が、夕食の間にお布団引いていてくれてたらしい


もちろんサービスで!
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
真ん中でいいよね?
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
あー、梨華がだろ?全然
むしろ真ん中にしないとな
なんで、こうなるのー!?
私は眠れなくて、


少しゲーセンに向かった…