無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

スキーへ!
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
そろそろ寝よっか?
明日からスキーだし
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
え??
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
もしかしてなにも聞かされてない?w
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
うん…
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
まぁいいか
おやすみ梨華
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
おやすみ大輝
私達は手を繋いで眠った
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
…!…々!奈々!
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
ん?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
まだ4時50分じゃない…
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
いいから♪
今からすごいの見られるよ
大輝に連れられベランダにくると
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
朝日だ!すごい!綺麗
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
あけましておめでとう
今年もよろしくね
えっ、今日…
元旦!?ウッソー忘れてた
私は少し肩が震えてくると
ふわっ
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
はい、毛布これで
寒くないでしょ?
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
えっと、すごく暖かいです////
今の状況は二人で毛布被ってる状態…

大輝の左肩と私の右肩に、かかってる感じ
こ…こんなの
暖かすぎて
緊張する、ドキドキしてきた…


大輝に鼓動きこえちゃいそうだよ…
お父さん
おきてるかー?
階段の方から声がした
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
うん!おきてるよ!
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
行こっか
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
うん!
一階の所へ向かって荷物つめ手伝おうと思い
外へ向かうと
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
なっなにこのバス、?
よりは小さいけど…
お母さん
今回は優斗たちもくるし
大きいので行かないとね
席は全部で18席
横に三人乗り用で
15席使ってあとは荷物

前の方にお母さん達
次になっちゃんめいめい
そして大輝と私と優斗…




なぜか二人に挟まっているらしい…
神崎 大輝(かんざきだいき)
神崎 大輝(かんざきだいき)
眠くなったらよかかっていいよ
はずい…それは…流石に…
宮内 優斗(みやうちゆうと)
宮内 優斗(みやうちゆうと)
遠慮せずに
優斗に頭を掴まれ


グイッと



優斗の肩に私の頭がコツンとなった
姫宮 梨華(ひめみやりか)
姫宮 梨華(ひめみやりか)
////
なんか…ちょっと


眠れそうにないよ~(>_< )