無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

アーケード街 崩落:2
白石
「橘先生 了解です」
ー翔北ー
冴島
8歳男の子、意識レベル2桁、
頭部からの出血あり。
バイタルサイン不安定に
なって来てます
藍沢
分かった
ナース
(藍沢を呼びに来る)
藍沢先生いま大丈夫ですか?
藍沢
(呼ばれた方を見て)
灰谷名取あとお願いできるか
白石
着替えてくる。
灰谷先生も、お願い
灰谷
ぼ、僕ですかっ…
名取
(手袋をしながら)
ガーゼと
胸腔ドレーン貰えますか
名取
灰谷先生も手伝って
雪村
胸腔ドレーンです
(名取に渡す)
灰谷
っは、はい!
(出血点を探し始める)
名取
ありがと
(患部に手を入れる)
白石
(戻って来て)
名取先生ありがとう
白石
灰谷先生も
雪村
(心電図を見て)
心拍数上がってます
名取
心室細動かも。大丈夫。
(作業を続ける)
雪村
RCCです
名取
色々ありがとね、雪村さん
雪村
……はい
緋山
何そこ、ちょっと
いい感じじゃん
(少し笑いながら名取を手伝う)
名取
……止血します。
サテンスキー下さい。
(緋山を無視)
雪村
サテンスキーと
遮断鉗子です
(名取に渡す)
名取
ありがと
緋山
なによ、笑
(反対側に回って作業を始める)
名取
(無言でしばらく手術を続ける)
緋山
閉じる、
縫合糸ちょうだい
雪村
どうぞ
(緋山に渡す)
緋山
(受け取って縫い始める)
緋山
…よし
雪村
…バイタルサイン
安定して来てます
(心電図を見ながら)
白石
一応ICUにお願いしていい?
雪村
了解です
冴島
(ボードを見ながら)
緑タグ黄タグともう1人の
赤タグ患者は近くの病院に
搬送されてるみたいです
黒タグ無しです
白石
ありがとう
ー昼休憩ー
白石
はあーーー
もう疲れた
緋山
おぅ、笑 
お疲れ
白石
あ、さっきの裕斗くんの
ご両親に挨拶して
治療の説明とかしないと
緋山
休憩終わってからで良くない?
白石
もう食べ終わったし
早い方がご両親も
安心できるでしょ
(立ち上がる)
緋山
疲れたーって、
疲れる原因それだよ絶対
(緋山も立ち上がる)
緋山
私ICU行くわ
白石
うん
(頷きエレベーターの方へ行く)
ーエレベーターー
白石
あぁ、藍沢先生
藍沢
白石

(伸びをする)
藍沢
あんま頑張りすぎなくていい
白石
……へ?
藍沢
…白石に体調壊されたら困る
白石
………ん、分かった
藍沢
(藍沢が降りる)
白石
……?
白石
…そんな疲れて見えたかな
ーICUー
灰谷
大丈夫…?うん。良かった
(少し笑う)
白石
あ、灰谷先生ありがとう
灰谷
白石先生
(白石の方へ小走りで)
灰谷
飯田さん意識戻りました
今日の裕斗くんも
バイタル安定してます
白石
うん、ありがとう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

相澤さんぐらす
相澤さんぐらす
文章力語彙力は課題とともに燃やして灰にしました ・ 作品全て非公開にしました。 1からよろしくお願いしま。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る