無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

2:3 ・短くてすみません・
ーめぐり愛ー
緋山
ねぇ藍沢、私
あれで合ってたのかな
藍沢
……
(ピスタチオの殻で
タワーを作っている)
緋山
だって、あの白石だよ?
なんで今になって…
(少し考える)
緋山
ちょっと聞いてる?
藍沢
あぁ
藍沢
誰にだってトラウマの
1つや2つある。
どうして今になって
夢として見たのかは
分からないが
最近大きな事故が
続いてて白石も疲れてるんだ
そっとしといてやれ
その内忘れる。
(1口お酒を飲んで)
緋山
……うん。そっか、
そうだよね。
藍沢
……
ー次の日ー
ー医局ー
白石
おはよ
緋山
あ、あぁ白石
おはよ
緋山
……
緋山
あのさ、白石
白石
何?
prrrrrrrrrrrrrrr
白石
ちょっとごめん
(取る)
白石
はい翔北緊急救命センターです
消防
桟橋中央消防より
ドクターヘリ要請。
伊予ヶ岳山頂の施設にて
大規模な火事が発生。
火傷などのケガ人
数名との事です
出動可能ですか
CS
👍
着陸地点確認します
確認とれ次第また
追って連絡します
白石
分かりました出動します
(後ろを振り返って)
横峯先生 緋山先生 冴島さん
お願いできる?
横峯
はい
(バッグを背負って)
緋山
あ、うん分かった
(走り出す)
冴島
(バッグを持って追いかける)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

相澤さんぐらす
相澤さんぐらす
文章力語彙力は課題とともに燃やして灰にしました ・ 作品全て非公開にしました。 1からよろしくお願いしま。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る