無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

アーケード街 崩落:3
ー救命センターー
雪村
名取先生、
これ中村さんの書類です
(封筒に入った書類を渡す)
名取
ん、ありがと。
(書類を受け取って
パソコンに向かう)
雪村
……
雪村
あの、名取先生
名取
ん?
(振り返る)
雪村
……いや
何でも無いです
名取
…そっか
(再び机に向かう)
緋山
何、そこ付き合ってんの
(笑って少しだけ
紙コップのコーヒーを飲む)
名取
ひ、緋山先生いたんですか
雪村
緋山
いいじゃんいても、笑
prrrrrrrr
緋山
(コールを取る)
はい翔北緊急救命センターです
消防
南館市南館イベントホールにて
照明と舞台の仕掛けが落下、
映画のイベントの
最中だったため
ケガ人多数との事です
出動可能ですか
CS
👍
着陸地点確認します
確認後また追って連絡します
緋山
(頷く)
分かりました
出動します
緋山
(振り返って)
お願いできる?
……あれ?名取は?
…そっか、
フライト当番じゃないし?
雪村
(バッグを背負って)
私は大丈夫です
灰谷
あ、僕も大丈夫です
緋山
ありがと、行こ
(バッグを背負う)
走ってヘリに乗る。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

相澤さんぐらす
相澤さんぐらす
文章力語彙力は課題とともに燃やして灰にしました ・ 作品全て非公開にしました。 1からよろしくお願いしま。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る