無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

スポーツ大会
あなたside






どーも!!成海ですっ!!!!
全種目が終わってこれから借り物競争だお。
ちなみに私は…走りません!!!!!!
菊池とか佐藤とかに走ればって言われたんだけど、私足速くないから断った。
ってことで私は応援に移ります!















生徒「それではいきます。位置について、よーい、どんっ!!」





今一走目の人がスタートしたよ!
わあああああ!!!!すごい!すごい!見てるの楽しいねーー!!










おおおおおお!!!!探してるよ!



生徒「ツインテールの子いますかー?」





残念ながら私はポニテです。

























どんどん進み、最後の走者の人たちのみとなった。
あ!!佐藤だ!










生徒「位置について、よーい、どんっ!!」















佐藤速いな。
おっ?今カード引いたよ?





お題はなんだ!?なんだなんだ!?
ん?なんかこっち向かってきたよ。





佐藤「あなた!行くよ!」
『はい!?』





理由も知らずとりあえず手を引っ張られて走る私。

ちょ、ちょっとは私に気を使って走れよ!お前早すぎるんだよ!!ハアハア←





ゴール
『ハアハアハアハア』←
佐藤「ハアハア、やった!やったよ!1位だよ!!(ぎゅっ)」
『うへえ"っ、くるしっ』
生徒「「きゃあああああああああああ♡♡♡」」





どこにきゃあ♡要素が?←鈍い





『あ、そうだ。お題なんだったの?』
佐藤「えっそれは…」



生徒「さあ!走った方のお題はなんだったのでしょうか!!まずは勝利先生!お題はこちら!!」





"いつまでも大切にしたい人"





生徒「「きゃあああああああああああ♡♡♡」」










いつまでも大切にしたい人?
……嬉しいこと言ってくれるじゃな〜い♡や〜だ〜♡←



『佐藤大好き!!!!(ぎゅっ)』
佐藤「えっ////」
生徒「「きゃあああああああああああ♡♡♡」」









あはっ。楽しかった!