無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

プール掃除
中島side





今日は生徒と一緒にプール掃除をします!
1日で終わらないから何日かに分けてやるんだけど、昨日は前半3クラスの男子がやってくれたから今日は前半3クラスの女子にやってもらいます!
って事で張り切っていこー!!





『じゃあ集合してー!』
女子生徒「「はーい!!」」





みんなキャッキャしてる。普段はやらないからよっぽど楽しいんだなぁって思う。





『じゃあ、1、2、3ってこういう風に並んで!』
女子生徒「「はーい!」」
『それでは授業を始めます!お願いしまーす!』
女子生徒「「お願いしまーす!!」」
『今からみなさんにはプール掃除をしてもらいます。』
女子生徒「「わーい!」」
『で、3箇所に分かれてやってもらうんだけど、どうする?ジャンケンで決める?』
女子生徒「ジャンケンがいいー!」
『じゃあジャンケンにしよう!場所はプールの中、プールサイド、あと更衣室とかトイレ。』
女子生徒「トイレやだー!!」
『やだって言わない笑、中は日焼けしなくていいよ?笑』
女子生徒「じゃあトイレがいい。」
『あはは、単純笑』










ジャンケンをして1組がプールの中、2組がトイレ、3組がプールサイドになった。





女子生徒「プールの中ー!!いえーい!!」
『まだだよ!今から説明するから、はい、座る!』
女子生徒「はい、すみませーん笑」
女子生徒「「笑笑」」




















『それじゃあ各自始めていいよー!!』





みんな楽しそうに始めたよ笑















最初はね、みんな案外真面目にやってたんだけど今は掃除ほったらかしで水かけ合戦してるよ。まあ楽しそうだから止めないでおこう。















女子生徒「あっ!!なるちゃんせんせー!!!!!!」