無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

告白!?
あなたside





『し、しょ、しょうゆ…じゃなくて、しょ、しょうりっ!』





みなさんこんちわ。今何してるかというとね、んー、なんと説明したらよいやら。佐藤が暗い理由を聞き出さないといけないんです。
とりあえず今私緊張してるから。←





佐藤「………ん?なに?」
『なんかあった?』
佐藤「え…?い、いや何にもないよ!笑」





今作り笑いしたよこの子。私が見破れないとでも!?何年一緒にいると思ってるんだ!





『うそだ!ぜっっっっったいなんかある!』
佐藤「なんもないって!笑」
『隠したって無駄だ!さ、白状しなさい。』
佐藤「……は…された。」
『え?なんだって?』
佐藤「こくはく…された。」
『あははは笑そんなことでなや……え"え"え"!?こ、告白!?』
佐藤「うん…。」
マリウス「やったね勝利くん!!」
佐藤「え、あ、うん…。」
中島「嬉しくないの?」
佐藤「いや、まあ…。」
菊池「相手が問題なんだろ?」
佐藤「……」





佐藤黙っちゃった。てことは図星じゃん。相手?どこが問題?顔?身長?性格?





『誰から告白されたの?』
佐藤「…生徒。」
中島「はっ!?生徒!?」
松島「え!!それはやばくない?」
『でででででで、なんて返したの?』←
佐藤「もちろん断った。教師と生徒の立場でいる以上そーゆーことはできないって。」
菊池「相手泣いたりしてた?」
佐藤「号泣まではいかないけどちょっと泣いてた。」





あちゃー、なんてこった。なんか大変なことが起きてるぞ。





マリウス「何か告白されるきっかけみたいなものあったの?」
佐藤「いや、特には。でも最近よく話しかけてくるなーとは思った。」
菊池「そーゆー感じか。」
中島「まあ断ったなら一件落着って事でいいんじゃない?」
『そーっすね。』










次の日





女子生徒「成海先生、お話いいですか?」
『うん、いいよ!』





ちょいちょい、この子佐藤に告白した子じゃない!?






























一件落着じゃないかも!?