無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

スポーツ大会
No side





生徒「これからリレーを始めます。エントリーをしている生徒はトラックの中に集合してください。」






リレーは午前と午後にあり、午前は学級対抗、午後は午前で1・2位だったクラス、3・4位だったクラス、5・6位だったクラスでそれぞれ集まり学年関係なしに戦う。










成海「2組ー、リレーに出る人準備してー」



菊池「5組も準備しろー」

























生徒「それではいちについて、よーい、どんっ!!」





生徒「「がんばれー!!!!!!
いけーー!!!!!!」」





スタートしたと同時に応援の声が聞こえ始める。










中島「いけいけ!!!!抜かせーー!!!!」



勝利「内側!!内側走れー!!!!」



菊池「スピード上げろーー!!!!」



マリウス「がんばれーー!!!!」



松島「ファイトーー!!」



成海「意外とみんな早いな」←





なかには応援というより関心している先生もいるようだ。





……まあ、人それぞれだから←















結果は
1位 1組
2位 5組
3位 4組
4位 3組
5位 6組
6位 2組





勝利「やったーーー!!!!!!」



松島「おおおおお!!!!!!2位だ2位!!」



菊池「っし!!!!!!」



中島「まあまあまあ、次!次がんばろ!!」



マリウス「あーあ…次がんばろうね!」



成海「あらま。まあ、みんな頑張った!!」←





やっぱり1人だけ親目線の人がいる。










……まあ、人それぞれだから←