無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

あなたside





『終わったー!』
佐藤「俺もー!」





あーあ、今日は日曜日だというのに仕事です。だから今みんなでやってるんだけど、成海は終わりましたっ!!!!
あと佐藤も!!





『今何時ー?』
松島「6時くらい。」
『どうしよっかな。んー、…』
佐藤「じゃあさあなた、一緒に回転寿司行こうよ!!」
中島「えーいいなー!!俺も行きたいよ!!」
佐藤「健人くんまだ終わってないでしょ。」
中島「そうだけどさー…。」
『じゃあみんなの分買ってきてあげる。』
菊池「はっ、まじ!?」
『うん、いいよ。』
マリ「やったー!!早く食べたーい!!」
『1時間くらいで帰ってくるから、まってて。』
松島「わかったー!気をつけてね!」





みんなのためにおごるなんて、あなたちゃん優しい♡←











回転寿司到着



スタッフ「47番のテーブル席どうぞ〜。」
『佐藤、私お水取ってくるね。』
佐藤「え?お茶じゃないの?」
『お茶熱いし、苦いし、やだ。』
佐藤「子どもじゃん笑笑」
『違います。(即答)』





熱いのは嫌いなだけだから。
熱いのは嫌いなだけだから。大事なことなので2回言いました。←





佐藤「いつもの頼みますか?」
『あ、よろしくー。』





このあと1時間くらい楽しくお寿司を食べました。そのあとですよ。帰ろうって時に生徒に会っちゃいました☆