無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

教育実習生
松島side





授業終了後


『ありがとうございました!なんとなくわかった?』
朝丘「はい。」
『じゃあ来週からやってもらうことになるのでよろしくお願いします!!』
朝丘「はい。」





本当に大丈夫かな?
なんかあんまり表出さなそうだし…。










あれから約2週間が経ち今日はついに!ついに!研究授業の日です!
最初は心配だっけど、朝丘さんすごいよ!←(語彙力笑)
すっごく丁寧に説明するから生徒たちも納得の表情。素質あるんだね!










『さっ!頑張って朝丘さん!』
朝丘「…大丈夫ですかね?」
『え、…大丈夫だよ!!朝丘さんならできる!』





初めて朝丘さんが弱音を吐いた。びっくりしたよ!でもちょっとうれしいと思ってしまった笑





研究授業終了後


朝丘「松島先生、ありがとうございました。」
『こちらこそありがとうございました!
僕も勉強になったし、すごくいい機会でした!』
朝丘「授業の方は…どうでしたか?」
『すっっっっっっっごいよかった!!!!
朝丘さん説明が丁寧だから生徒たちに合ってたんだと思う。』
朝丘「…そうですか。よかった…(ニコッ)」





笑った…。朝丘さんが笑った!!笑ったよ!!
初めて見たよ!





『朝丘さん、笑ってた方がいいですよ!』
朝丘「え…?」
『明るく見えてそっちの方が似合ってます!』
朝丘「あ、ありがとうございます。」





朝丘さんは照れくさそうに僕にお礼を言った。










松島「(ドヤッ)」
マリ「なんで聡ちゃんドヤ顔なの?(コソッ)」
佐藤「さあ…?(コソッ)」
成海「満足感に浸ってるんだよ。(コソッ)」