無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

プール掃除
中島side





女子生徒「あっ!!なるちゃんせんせー!!!!!!」





えっ!姫!?
どこどこどこどこどこどこどこどこどこ!?←





成海「やっほー!!」
女子生徒「「かわいいー♡」」
成海「みんな何してんの?笑」
女子生徒「プール掃除でーす!」
成海「えーいいなー。」
女子生徒「めっちゃ楽しいですよ!!」
成海「えーいいなーいいなー!!
ねぇ中島ーー!!!!!!!!」
『なーにー?』
成海「私もプール掃除やっていい?(ニヤ)」
『え、何言ってんの笑』
成海「えーいいじゃん!」
『だってあなた授業あるんじゃないの?』
成海「ない!」
『だめ!どうせ髪の毛乾かさないで過ごすんだから!!』
女子生徒「「そっち!?笑」」
成海「乾かす!!乾かすから!!」
『だーめ!』
成海「ちぇっ、いいもーん!」
女子生徒「えー!!!!」





あなたは走って職員室の方戻ってっちゃったし、女子生徒たちはみんながっかりしてるし。
ちょっと可哀想だったかな?