無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

沖縄
あなたside





次の日になりました!
今日は海に行きます!!!!





中島「うおー!!!!すげー!!!!」
菊池「っしゃ行くぞ!!」
松島「キャハハハハ!!マリちゃんこっちだよ!!」
マリ「まってそうちゃん!!笑」
佐藤「ねえあなた見て!!めっちゃきれいだよ!!」
『はいはい、見えてるから。』





私こんな冷静だけど内心めっちゃパラダイスだからね!?





松島「場所取ったら水着に着替えよう!!」
菊池「はっ!?お前らホテルで着替えてこなかったの!?」
中島菊池以外「『うん。』」
中島「まじ!?すぐ遊べないじゃん!!」





いやいや、お前らガチ勢かて。





『んじゃ、私たち着替えてくるわ。』
中島「いってらっしゃ〜い。」










更衣室



佐藤「着替え終わったら先戻ってるね。」
『はーい。』





さ、着替えますか!










着替え終了





うーん、ちょっと派手?
赤のビキニで胸元がヒラヒラしてるやつ。
まあいいでしょう。なんかかき氷食べたくなってきちゃったから、海の家で買ってからみんなのとこに戻るとしますか!





『ただいまー。かき氷買ってきたよ。』





え?なんかみんな、あの、…えっ?




『あの、無言でガン見するのやめてもらってもいいですか?』
中島「あなた、…かわいいー!!!!!!♡♡♡」
『え、あ、ありがとう////』
松島「あなたちゃん、すごく似合ってるよ!!!!」
『ほんと!?いや〜、まっしまにいわれるのはうれしいわー。』
中島「え?俺は…?(ボソッ)」
佐藤「ねえあなた!!」





なになになになになになに!?!?
なんかズンズン歩いて目の前にやってきたんですけど、このお砂糖さん。←