無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

職員室
あなたside



1日の半分を職員室で過ごしている。
毎日とびかう先生たちの会話。みんな先生たちがどんなこと話してるか知りたくない?知りたいよね?
…えっ?そうだよね?……そういうことにしとこ。←





(6人全員のときはT6Tと表示します。)
TOP6 Teachers
− − −





T6T「『おはよーございまーす。』」
国先生「なるちゃん先生おはよー!悪いんだけど、今日の午後にある3年の授業に補教で出てくれない?」
『あ、OKでーす!』
理先生「勝利くん、今日実験する?」
勝「今日はないです!」
理先生「了解!」
マリ「先生方コーヒーどうぞー!」
他先生「マリちゃんありがとう!!」
マリ「いーえー!そうちゃんもどうぞ!」
聡「ありがと!」
菊「ちょっ!大ニュース大ニュース!!」
中「なに?なに?」
菊「1ー1の湯澤と1ー3の佐々木が付き合い始めたらしい。」
『まーじかー!!!!佐々木ちゃん清楚系女子のイメージだったんだけどなー!彼氏できちゃったかー!!』
勝「湯澤やるね〜(ニヤニヤ)」
中「青春だな〜。」
菊「あなた高校生に追い越されるとか…ぶふぉ爆笑」
『あ?お前もだろ?やんのかごらあ。』
菊「あ、さっせん()」
聡「決着早くない?笑」
勝「あなたには俺がいるもん。ねー?」
『え?いつからそうなった?』
勝「…せっかくフォローしたのに!!もうあなた嫌い。」
『え。え。ごめんね佐藤?許して?佐藤のこと大好きだよ?(上目遣い)』
勝「////」
菊中「勝利照れてる爆笑」
勝「それは反則でしょ////(ぎゅっ)」
T6T(勝利とあなた以外)「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!!!!!!!!!!!!!!!」








毎日こんなことしてます笑
高校の頃の青春、もう一度私も味わいたいわー笑