無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

沖縄
あなたside





『え?』
松島「とりあえず着て。僕探してくるから。」





あれ、松島気づいてたのかな。
ちょっと待つと、





松島「あなたちゃーん、あったよー!!」





うん、見つけてくれてうれしい。でもさ松島くん、私の水着を上にかかげてそんな大声で走らないでほしいな。私すごく恥ずかしいんだが。まあ見つけてくれただけありがたいから言わないておくね( )





『ありがとう。まじでごめん。』
松島「全然大丈夫!!早く着替えてきて!!」





見直したね、松島のこと。










たくさん遊んでホテルに戻ってきました。
みんな焼けたね。





マリ「楽しかったね!!」
菊池「マリウチュちゃんたのちかったでちゅね〜。」
マリ「ねえ、風磨くん!!もうそれ終わり!!」
中島「笑笑、久しぶりにはしゃいだなー。」
佐藤「また来たいね。」
松島「来年も来よう!このみんなで!!」