無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

沖縄
あなたside





佐藤「今すぐそれ脱いで!!」
『…はっ!?え?なぜに?』
佐藤「いいから!!」
『私これ脱いだら裸だし!!』
佐藤「水着よりマシだし!!」
佐藤以外「『それはない。』」





後から聞いたら、あまりにも私の水着姿が似合っており他の人に見られたくなかったんだって。きゃっ☆←
で、今はみんな海でどんちゃん騒ぎです。





菊池「マリウス!!」
マリ「えいっ!!あ、…。」
菊池「下手くそだな!!あ、マリウチュちゃんにはまだ早かったかな〜。でも頑張って取ろうとしてたのえらいでちゅね〜。」
マリ「ねえ!!もう!!」





元気だなーとか思いながら私は浮き輪でプカプカ浮いてます。






『あー、快適快適。』





なんてのん気にしてると、うわっ、やべっ。
巨大な波が…、あ、終わった。





『ぷはっ!!!!』





はー、なんとか助かった。…なんか胸元がスカスカす…、え、うそでしょ、私水着着てないんだけど!!!!!!
成海ピーンチ!!!!!!





松島「あなたちゃん、これ着て!」





そう言って松島は自分のパーカーを渡してきた。