無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

スポーツ大会
松島side





いえええええええええええええええええええええい!!!!!!!!←
盛り上がっていこーぜええい!!!!





ズコッ(こけた)



はい、調子乗りました。すみません。←










僕はバスケの試合をやってる第1体育館に来ています!
体育館に入った瞬間周りの歓声とかが聞こえてきたよ。すごいねー。



今3年生と2年生が戦ってるんだけど、迫力があってやばい!
こーゆー時大きい声出して応援したくなるよね。










『頑張れーー!!』
?「お前他のクラス応援してんの?笑」





お?誰か来た?





『風磨くんじゃん!』
菊池「おう、で、他のクラス応援しちゃっていいの?笑」
『なんかさ、こーゆーところにいると声出したくならない?』
菊池「ならない。」
『………はあいっ!』←










風磨くんと話している間も試合は進んでいき、結果は…





男子
1位 1年1組


2位 1年6組


3位 2年1組





女子
1位 1年2組


2位 1年5組


3位 1年3組










『今年の1年生すごくない?』
菊池「1年がこんなに入るのはすごいな。」
『僕のクラスだけ入ってない笑』
菊池「爆笑」










悲しいけど他ので取ればいいか!!!!
そうだよね?うん、そうだ。←(自己解決してるやん by作者)