無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

569
2021/06/11

第6話

暴いてみせる
花子 side




おかしい。



この少女、なんかおかしい。





名前は「あなた」





初対面なのに、俺の事を何故か知ってるらしい。





土籠と八尋。それとつかさしか俺の事を知ってる人はいないはず。





なのに、どうして…




八尋 「花子くん?どうしたの?」




花子 「なんでもなーい」




そのうち分かるかな。



あなたの事も。





もしかしたら、俺の事を祓おうとしてるのかもしれない。




超一流って言ってたしなぁ…



相手したくないなぁ…




気をつけよっと。




花子 「うん、よろしくね。あなた」




俺は、いつもと同じ笑顔で言った。




こういう時こそ、へーじょーしんって言うもんね。




それに返すようにあなたも微笑む。



きっとこの笑顔には裏がある。





いつか、絶対に暴いてみせる。






あなたが何者なのか。