無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

414
2021/07/02

第16話

今回は絶対に


"ありがとう"






その言葉が、魔法のような響きに聞こえる。





私、助けられたんだ。



大事な人を守りたかった人を。







今回は1人だけ、死なせずにすんだ。








あなた 「良かった……良かった。」




気がついたら私の瞳からは涙が溢れていて



そんな私を輝さんは何も言わずに抱きしめてくれた。




暖かくて、優しくて。



私はきっとこの温もりを、忘れないと思った。





今度は全員、救ってみせるから。



守ってみせるから。




死なせない。死なせるもんですか。




あなた 「私、強くなります」



輝 「そっか、じゃあ約束」




こうして、私たちは小指を絡めた。









きっとこの夜のことを、私はいつまでも覚えているだろう。