無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

422
2021/06/28

第14話

"できる"じゃない"やるんだ"


輝 「くそっ……」



少し歩くと、大きな怪異と戦っている輝さんを見つけた。



あれ、手こずってる……?



輝さんがあんなに取り乱してるのなんて初めて見たし。








助けた方がいいのかな。



でも、私には…何もできないかもしれない。





輝さんでも勝てない相手に、私なんかが…





輝 「……い"っ…」



違う、できる出来ないじゃない。



行動しなくちゃ、動かなくちゃ意味が無いんだ。




私は杖の先を怪異に向け、思い切り雷を放った。





輝 「……あなた?」



あなた 「輝さん!!」



良かった。怪我は酷いけど命に別状は無さそう。



怖かった。



もう、目の前で大事な人が死ぬのは見たくなかったから。




何も出来ないのは、嫌だったから。



死への苦しみは私が1番知ってる。








置いてかれる事の悲しみも。


置いていくことの後悔も。