無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

447
2021/06/24

第12話

夜の街


あなた 「い、急いでるから!!」




源 「え!?ちょ、」





トイレに行くふりをして、外に出る。




私にしてはよくやった…



バレてるかもだけど。




というか、外、すっごいな。




怪異の気配。





こんな中、毎日怪異倒してるなんて…やっぱ輝さん凄い。



私だったら、多分無理。





しかも生徒会長としての仕事もこなしてるし…ろくに寝てない気がするな。






やっぱり怪異たくさんいるし。



どーしよ、これ祓っても大丈夫なやつ?




あ、やばい、こっち向かってきてる。






襲われそうって事は…人に害があるってことだし…祓っていいよね?




あなた 「よいっせ……っと」



雷の音が辺りに轟く。


やばい、でかい音出しすぎたかな。




しゃーないしゃーない。


まだ加減の仕方分かんないんだよなぁ。