無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

602
2021/06/09

第5話

怒らないで?


花子 「なんでその名前…!!」



八尋 「…!!!」






あ、キレたーw((((



そっか、ここの八尋先輩はもう16時の書庫に入ってるんだ。



なるほど、だから土籠先生もいるのね。




納得。




あなた 「そんな怖い顔しないでくださいよwきっと、貴方が思うよりも私は貴方の事を知ってますよ。」




うん、きっと。



ここにいる誰よりも、花子くんの事は分かっているつもり。




でも、八尋先輩も16時の書庫で話し聞いたんだよね?



その反応からして。




そっか。じゃあ、今回は上手く行きそうかも。









良かった。








あなた 「あ、私も八尋先輩と一緒にトイレ掃除するつもりなので、よろしくお願いします。」















あなた 「花子くん。」







これから、幕は上がったんだ。



いや、もう上がってるか。







終わる事の知らない、私の長い長い物語が。