無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

297
2021/07/20

第25話

事実


教師 「〜で、こうなって〜」




ダメだ、全然集中できない。



というか、転校初日で馴染みすぎじゃない?私。




自己紹介もしたけど、名前言っただけだし。



まぁ、この教室に来た回数なら誰よりも多い自信あるしね。




転校してきたからってあんまり質問攻めにされることもなかったし。



話しかけてくれるけど、適度な頻度でだし。






これが毎日続けばいいな。




突飛な事なんて起きなきゃいいのに。








でも、私の願いは叶うことをしらない。





あと少し、あと少しして、蝉たちの鳴き声が静まり返った頃。




きっと、"あれ"は起こる。




何をしても、どう足掻いても








それだけは、変わりようのない事実。




先生 「それじゃあ、今日の授業はここまで」




あ、やばい、ノート取ってない。