無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

153
2021/02/16

第2話

1話
鬼には上弦の零がいて人間を食べず鬼を食べる鬼がいる
鬼星ゆき
鬼星ゆき
はぁ〜〜今日は雑魚鬼に合わないなぁ〜(><)何でだろ?(自分が鬼に怖がられているのを知らない)お腹すいたなぁ〜
とゆきがブラブラと森の中を歩いていると、
ぐわぁぁぁぁァァ!!!!!
と鬼がでてきた
あはははは
美味しそうな女がいるぞ!食ってやる!
鬼星ゆき
鬼星ゆき
貴方、私が誰か分からないの?(*^^*)
はぁ?お前みたいな女知るわけねぇだろ!
鬼星ゆき
鬼星ゆき
そう、、、それは残念(*^^*)
私は上弦の零なんだけどなぁ〜(^-^)
そんな態度で良いのかな?(╬^∀^)
Σ(っ゚Д゚;)っヒッ!じょ、上弦の零様!!!!!
もももも、申し訳ありません!!!m(__)m
どうか、お許しください!
鬼星ゆき
鬼星ゆき
(;-ω-)ウーン…貴方見るからに弱そうよね、、、そうだ!ちょうどお腹すいてたし、貴方要らないから食べてあげる!
まだ死ぬわけにわいかない!!!!!
ダッダッダッ
鬼星ゆき
鬼星ゆき
あぁ残念だなぁ〜(*^^*)
血気術ーーーー
ザシュッッ


ボトッ
ああ…頸…が……
鬼星ゆき
鬼星ゆき
不味そうだけど仕方ないか!いただきマース
グチュグチュボキ
鬼星ゆき
鬼星ゆき
おぇ(‐д`‐ll)やっぱり雑魚鬼は不味いな
鬼星ゆき
鬼星ゆき
無限城に行って無惨に血を貰おっかな〜
鬼星ゆき
鬼星ゆき
鳴女ちゃーん!!
べべん