無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

明日のこと。
皆は、リビングのソファーに、疲れたような、ため息をいていた。
あなた
あなた
あ、あの、すみません。
あなた
あなた
私のせいで疲れさせてしまって。
テヒョン
テヒョン
あなたのせいじゃないよ〜
ていうか、疲れてため息ついたんじゃないよ?
あなた
あなた
え?じゃあなんで?
ジョングク
ジョングク
僕達明日、撮影なんだ。だから、あなたと一緒にいる時間が少なくなるんだよ。
皆は、グクの、言葉に反応し、オッパ達は、みんなうなずいた。
パクジミン
パクジミン
あなたどうするの?
あなた
あなた
な、何がですか?
パクジミン
パクジミン
1人で家にいるの?
あなた
あなた
あ、あー、どうしましょう。
ナムジュン
ナムジュン
事務所に来ればいいんじゃない?
あなた
あなた
え?!そんな!お邪魔なことを!
ホソク
ホソク
いいね〜おいでよ。
あなた
あなた
え?!でも。
ソクジン
ソクジン
マネヒョンも、いいよって言ってくれるよ!
ユンギ
ユンギ
ジミン聞いてみて。あと、これからのことも。もう決まったから。
パクジミン
パクジミン
わかりました。
BTS
ググぐぅー
⤴お腹の音です。
ソクジン
ソクジン
あっ!すぐご飯にするね!
あなた
あなた
オッパ!私も手伝います!
ソクジン
ソクジン
大丈夫だよ!あなたは、お風呂入って。
テヒョン
テヒョン
あ〜!やっとあなたの、パジャマ姿を見れるね!
パクジミン
パクジミン
テテそれ目当てなのか?笑
テヒョン
テヒョン
違うし〜!
あなた
あなた
あ!じゃあ入ってきます!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

JKTK
JKTK
こんにちは!armyです!これからもBTSのこと書いてくのでフォローと、ハートとかコメントとかよろしくね!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る