無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

遊園地デート



待ちに待った当日。









前日から服を決めたりで忙しい。










楽しみすぎて寝れなかったし、やばいやばい。



















『あーゆうーえんちだー』












阿部「あぁ楽しみだね。いこいこ」














私はテンションが高すぎて走り出してしまった。










その時転びそうになった。









阿部「危ない⚠ほら手繋いで」








支えてくれた阿部くんが手を出した。









『うん。わかった』








私は阿部くんの手を繋ぎ歩き始めた。

















遊園地には家族ずれや学生など人で溢れている。













『亮平くん何乗る?』












阿部「なんでも大丈夫だよ。あなたが乗りたいやつ乗ろ」













『えーと、』












私は絶叫系が大好きだ。










でも亮平くん確か乗れないんだよね。










私はすぐ目の前にあったお化け屋敷を指さした。













『あそこがいい!』











阿部「お化け屋敷いいね。行こっか」












『うん。』












思った以上に待たなかった。










待ち時間も亮平くんとお話して、短く感じたのかもしれない。














スタッフさんも雰囲気があって少しずつ怖くなって言った。












中に入った。初めてだから、動画で見たのと全然違う。












突然出てきたお化けにびっくりして、










亮平くんの袖を握ってしまった。











『ごめん。』











私は亮平くんから離れた。








でも亮平くんは、私に近ずいて










阿部「いいよ。俺に隠れてて」












阿部くんがリードして、歩いてくれた。










その背中が大きく見えてそんな亮平くんがかっこよくて、











私はぴとっと亮平くんの背中にくっついた。














阿部「あなたいくよ。俺にくっついてね」

























そのまま長い長い道が












亮平くんがいたから、短く感じたのかも















亮平くんのおかげで頑張りきることができた。













♡40